本の販売所「若戸屋老舗」のお客様へ

昨日、若戸屋老舗の全てのお客様にアンケートをメールでお送り致しました。
単行本の購入をやめた方に、理由をお聞きする為です。
問題点を知る事ができれば、これからの運営に生かせるのではないかと考えています。
自費出版を始めて7年が経ち、メールアドレスが変わっていて送信ができないお客様が約3分の1おられます。
アンケート結果から得た情報をお客様にメールでお送りしましたので、こちらにも掲載します。


【昨日のアンケート結果について】

アンケートへのご回答、ご意見を送ってくださった皆様、お忙しい中本当にありがとうございます。まだ1日しか経過していませんが、大変貴重なご意見を頂戴しました。長い間分からなかった「購入をやめた方のお気持ち」を知る事ができるのが嬉しく、勇気を出してお聞きをして良かったと思います。

皆様のご意見を元に早速、若戸屋老舗の内容を変更しました。
①新刊の刊行ペースは3か月に一度
②価格表示をB6判本体価格・消費税込み980円(送料別200円)とする
③新刊の商品説明に「試し読みページ」を追加
④新刊の刊行を毎回、明確に区切る

本の大きさをコミックサイズのB6判に変更する事は、「A5判はサイズが大きく収納しにくい」「大きいので重い」等の理由から、80%の方に問題なしとお答え頂きました。
すでに予約していたかが分からなくなるというご意見を多数頂きました。そこで新刊の刊行を毎回、明確に区切ります。

購入をやめた皆様の中で、3か月間隔なら新刊を購入するとお答え頂いた方が70%もおられました。毎月刊行から3か月に一度になると、注文数が同じの場合は月の売上げが3分の1になります。クラウドファンディングではその理由から本を作り続ける事ができなくなり、毎月刊行に戻した経緯があります。
ご購入をやめた多くのお客様に戻って頂けないと、3か月に一度の刊行を続ける事はできません。この機会にぜひ戻っていただければ嬉しいです。

アンケートは来週の土曜日(21日)まで回答をお待ちしています。匿名ですので、現在購入に至っていない理由、購入をやめた率直な理由をぜひお聞かせください。

アンケート結果の詳細はスクリーンショットで撮影をして、来週の日曜日にまとめてメールで送らせていただきます。そして、教えていただいた1つ1つに対して、早急に実行してまいります。皆様と自費出版の現状を共有しながら、これからも漫画を描いて本を作り続けていければと考えています。
引き続きよろしくお願い致します。

※メールが届いていないお客様は、よろしければ新しいメールアドレスを教えていただければ嬉しいです。